プラスチック敷板のメリットとは?

長く工事現場で活用されてきた敷鉄板。最近は、敷鉄板の代わりにプラスチック敷板を使う現場も増えてきました。とはいえ、「プラスチック敷板を使うメリットって何だろう?」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?そこで本記事では、プラスチック敷板のメリットを解説します。

プラスチック敷板とは?

工事現場や軟弱地では、人や車両が安全に通行するため、また地面を傷つけないようにするため地盤養生が必要になることがあります。地盤養生のための敷板には、敷鉄板やゴムマット、コンパネがよく使われています。プラスチック敷板は、プラスチックで作られた、地盤養生のための板です。

プラスチック敷板の用途

プラスチック敷板は、建設、土木、農業、林業、イベントなどにおいて、仮設道路、仮設駐車場、資材置き場といったさまざまな用途で使われています。

実例を写真で紹介しています。実例紹介ページ

こちらの記事もご覧ください。「プラスチック敷板はどんな場所で使える?」

費用削減

プラスチック敷板を使用するメリットの1つは、費用が削減できることです。地盤養生としてよく使用される敷鉄板と比較してみます。

敷鉄板を使用する際にかかる費用はつぎのとおりです。

①敷鉄板の購入またはレンタル費用
②運搬費
③敷設作業員の人件費
④敷設時に使用する重機の購入またはレンタル費用

プラスチック敷板を使うことで削減できるのは主に②と④の費用です。なぜでしょうか?

運搬費

【敷鉄板】

敷鉄板の場合、1枚の重さは4×8で約500kgもあります。10tトラックの積載は約10tですので、一度に運べるのは20枚まで。5x10サイズの敷鉄板の重さは約800kgで、敷鉄板のサイズが大きくなると、重さも増えるため、一度に運べる枚数はもっと少なくなります。たった数枚運ぶだけなのに、トラック1台貸切らなくてはいけないのです。

30枚、40枚と必要な敷鉄板の枚数が増えればその分、トラックは何往復もする必要がありますよね。

【プラスチック敷板】

プラスチック敷板なら、1枚の重さが39kgなので、10tトラック1台で200枚以上運べます!敷鉄板よりも大幅に運搬費を削減できますね。

敷設時に使用する重機の購入またはレンタル費用

【敷鉄板】

敷鉄板は1枚数百kgありますので、クレーン等の重機を使わないと動かせません。そのため、敷設時に使用する重機の購入またはレンタルの費用がかかります。

【プラスチック敷板】

プラスチック敷板は、1枚の重さが39kgなので、人の手で持つことができます。敷設のために重機を購入したりレンタルしたりする必要がないのです。

こちらの記事もぜひご覧ください。
「プラスチック敷板で費用削減!」

手で運べる

【敷鉄板】

数百kgもある敷鉄板を敷設するには重機と、重機を操作する作業員が必要になるため、敷設も撤去も大掛かり。プラスチック敷板のほうが簡単に敷設・撤去できます。

【プラスチック敷板】

プラスチック敷板の大きなメリットの一つが人の手で運べることです。プラスチック敷板の重さは4x8サイズが1枚39kgで、3x6サイズでは22kgと軽量のものもあります。作業員2人、もしくは3x6であれば1人で持つ方もいらっしゃいます。

連結が簡単

【敷鉄板】

敷鉄板を連結するには溶接するか、専用の連結金具を使用する必要があります。鉄板同士を溶接するには溶接の材料や専用の工具が必要で、手間や時間がかかります。また、撤去の際には溶接した跡が残ってしまいます。溶接不要の専用連結金具は、ボルトで固定します。レンチやハンマーを使って取り付けます。

【プラスチック敷板】

プラスチック敷板を連結するには、連結金具を使用します。「強化型プラスチック敷板こうじばん」の場合、門型ピンと平板金具の2種類の連結金具をご用意しています。

(上:平板金具 下:門型ピン)

現場の地面が舗装されていない土の状態で連結するなら、門型ピンというコの字型のピンを、敷板の連結穴に差し込み、上からゴムハンマーで打ち込んで使用します。現場が長期間になる場合には、定期的に上から打ち込むか、平板金具の使用を推奨しています。

現場の地面が舗装されている、または長期間の現場で連結する場合には、打ち込まず敷板同士だけを連結する平板金具を使用します。

プラスチック敷板なら連結する際に溶接は不要で、連結金具を使う際でも敷鉄板の連結よりも手間と時間が少なくて済みます。

こちらの記事も参考にしてください。
「プラスチック敷板に使う連結金具をご紹介!取り付け方法とは?」

敷鉄板による事故をなくす

【敷鉄板】

敷鉄板は長年にわたって工事現場で活用されてきましたが、残念ながら敷鉄板による重大事故も数多く起こってしまっています。

・敷鉄板をクレーンで吊って移動中に、クレーンのフックから敷鉄板が外れ落下、作業員が下敷きになる
・敷鉄板をクレーンで吊って移動中に敷鉄板がずれ、作業員の足に当たる
・敷鉄板の上を車両が走行した際に敷鉄板が跳ね上がり、作業員が鉄板と鉄板のあいだに足を挟まれる
・敷鉄板とクレーンのフックの間に指を挟まれる

敷鉄板はクレーンで吊る必要があることや、1枚あたり数100kgの重さがあることから、命にかかわる事故が起きてしまう危険性も高いです。

【プラスチック敷板】

プラスチック敷板で代用できる現場であれば、プラスチック敷板を使用することで、敷鉄板による事故をなくすことができます。もちろんプラスチック敷板を使用する場合にも安全管理が必要ですが、人の手で敷くことにより、クレーンを使用した事故は減らすことができますね。

プラスチック敷板を使うメリットについてお伝えしました。是非一度、プラスチック敷板の使用を検討してみていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です