会社案内

こうじばんとは


株式会社こうじばんは、つぎの製品を開発企画し、全国にお届けしております。
 
強化型プラスチック敷板こうじばん
強化型プラスチック敷板Ultra
隙間なく連結できる敷板ヘキサマット https://www.koujiban.jp/others.html#hexamat
強化型ケーブルプロテクターどこでもケーブル https://www.dokodemo.jp/
重ねるだけの軽量ブロック部材マイ・ブロック https://www.myblock.jp/
 
強化型プラスチック敷板は、2010年1月会社設立以来、建機レンタル会社、ゼネコン、建設・土木会社、電力・電設会社、通信会社、住宅メーカー、クレーン建設会社、農業協同組合、森林管理局、自衛隊、などに長年にわたりご愛用いただいております。
 
強化型プラスチック敷板®︎は株式会社こうじばんの登録商標です。

SDGsへの取り組み

2030年までに持続可能な社会の実現を目指した世界共通のSDGs(持続可能な開発目標)に賛同します。企業活動を通じて次の目標を企業理念に掲げています。

SDGs目標3すべての人に健康と福祉を すべての人に健康と福祉を SDGs目標4質の高い教育をみんなに 質の高い教育をみんなに
SDGs目標5ジェンダー平等を実現しよう ジェンダー平等を実現しよう SDGs目標8働きがいも経済成長も 働きがいも経済成長も
SDGs目標10人や国の不平等をなくそう 人や国の不平等をなくそう SDGs目標12つくる責任使う責任 つくる責任つかう責任
SDGs目標16平和と公正をすべての人に 平和と公正をすべての人に SDGsカラーホイール

GXへの取り組み

温室効果ガスの排出を抑えた納品に対応しています。日本全国ほとんどの区間でCO2排出量を削減する物流が可能です。チャーター輸送、長いリードタイム、コスト増といったマイナス面がまだございますが、ご相談いただければ都度検討いたします。

 

横浜市から大阪市まで、従来のトラック輸送と、船舶輸送や鉄道輸送とCO2排出量を比較しました。鉄道輸送にすることでCO2排出量を866kgから104kgに大幅に削減できることがわかります。

CO2排出量試算表

会社概要

会社概要

社 名 株式会社こうじばん
設 立 2010年1月
事業内容 強化型プラスチック敷板の製品開発・企画・販売
強化型ケーブルプロテクターの製品開発・企画・販売
重ねるだけの軽量ブロック部材の輸入・販売ならびにレンタル
住 所 〒426-0034静岡県藤枝市駅前1-15-1 マークス・ザ・タワー1203
フリーダイヤル 0120-9797-98固定も携帯も無料
ファクス 03-6369-3755東京連絡事務所
公式ホームページ https://www.koujiban.jp/
倉 庫 横浜倉庫 / 大阪倉庫 / 岐阜倉庫
全国配送 即日出荷(横浜倉庫:午前11時受注分、大阪・岐阜倉庫:午後1時受注分)
取引金融機関 三菱UFJ銀行 静岡支店
静岡銀行 藤枝駅支店
静清信用金庫 藤枝支店
日本政策金融公庫 静岡支店

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

いつでもお気軽にお電話にてお問い合わせください。

固定も携帯も無料

フォームでお問い合わせ

フォームでお問い合わせ

平日17:00までにいただいたお問合せには2時間以内に回答しております。
もしくはお気軽に0120-9797-98までお電話ください。

    会社名 (必須)
    お名前 (必須)
    電話番号 (必須)
    メールアドレス (必須)

    ※半角英数でお願いします。ご記入のメールアドレスに当社メールマガジン(月1回から2回)を配

    信します。配信をご希望されない方はその旨お問合せ内容欄にご記入ください。

    お問合せ製品 (必須)
    お問合せ内容 (必須)

    個人情報のお取扱いについて

    株式会社こうじばん(以下、弊社)は、全従業者が個人情報保護・管理の重要性を認識し、個人情報に関する法令などを遵守するとともに、以下に示す個人情報保護方針を定め、これを実行し、維持することを宣言します。

    • 弊社は、お客様、従業者から預かる個人情報を保護するとの自覚を持ち、利用目的の達成に必要な範囲の適切な個人情報の取得、利用及び提供を行う。また、利用目的を超えた個人情報の取り扱い、すなわち目的外利用を行わないための措置を講じ、社会に信頼される企業となる。
    • 弊社が保有する個人情報への不正アクセス、個人情報の漏えい、滅失又は毀損の防止並びに是正措置を講じ、個人情報セキュリティ体制を継続的に維持・向上する。
    • 個人情報に対する苦情及び相談に、適切、かつ迅速な対応を行う。
    • 個人情報に関する法令、国が定める指針及びその他の規範を遵守する。
    • 顧客のニーズ、最新の情報技術の動向を踏まえ、本方針を適時・適正に見直し、継続的な改善を実施する。

    コメントは受け付けていません。